-
2017年11月8日 更新

太陽光発電O&M業界「6つの問題」(3)~放置されてしまったFIT法以前の住宅用設備

O&M業界に起こっている6つの問題をとりあげていくシリーズの第3弾。全国的に住宅用小規模案件がO&M対応されていないという問題、また人員不足や技術の標準化未整備などで全国的なカバーが難しい点についてとりあげていきます。

O&M japan編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光発電O&M業界「6つの問題」(3)~放置されてしまったFIT法以前の住宅用設備
本記事は、2017年6月8日に開催された太陽光発電に関するカンファレンス「ソーラーアセットマネジメントアジア(主催:ソーラープラザ)」のセッションの内容をもとに編集・構成しています。今回の記事では、「5.小規模設備の対応不足」と「6.広範囲エリア対応が困難」について説明します。
<セッション「日本のO&M市場の概要」/話者:O&Mjapan編集長・清水拓也>

O&Mサービスプロバイダの現状「6つの問題」

「O&M業界6つの問題」は、O&M業界でさらにサービス・コストの競争が起こってくるなかでも、業界としてビジネスを安定的に成長させていくためにも、しっかりと認識しながら質の向上を目指していかねばならないポイントです。

今、大きく6つの問題が起こっており、ここでは「5.小規模設備の対応不足」「6.広範囲エリア対応が困難」についてとりあげていきます。1~4の問題については前の記事をご覧ください。

放置されてしまったFIT法以前の住宅用設備

太陽光発電の住宅への導入は、FIT法以前から盛んにおこなわれており、日本全国に広がっています。しかしながら全国的に住宅用小規模案件がまったく言ってよいほどにO&M対応されていないのが現状です。

発電量の低下、モジュールの不具合、飛散など、大型案件で起こる事象はこうした小規模案件でも十分起こり得ます。しかしこれらの設備では、リスクヘッジができていないまま全国にそのまま放置されてしまっているのです。仮に事故が発生した場合は産業用(野立て案件)より大きな問題を抱えています。それは住宅だけに人が住んでいる。つまり人命に直結する可能性が高いと言うことです。
住宅用小規模案件のO&Mが進んでいない

住宅用小規模案件のO&Mが進んでいない

via U.S. Department of Energy via VisualHunt
仮にモジュールや接続箱などの焼損事故から火災に発展したとします。その建物に住んでいる住民はもちろん、場合によっては近隣住民を事故に巻き込む可能性もあります。事故が起こってからでは遅いので早急な対処が必要ですが、O&M事業者にとっては小規模案件を単発で受けるとコストパフォーマンスが見合わないという問題もあります。社会的に重要な課題であるけれども、ビジネスとしてO&M事業者が対応できない状況が起こってしまっているのです。

しかしこの住宅用のO&M、今まで全く行われていなかったのでしょうか?
じつはそうではありません。FIT以前に住宅用メンテンナスを事業化していた会社はいくつかあり、いまなお事業は継続しています。

ではなぜ関係業者は住宅用のメンテナンスに頭を抱えているのか?
答えは人の思考にあります。つまり「住宅用は儲からない」と言う思考です。まずはこの思考感覚が最優先事項になっていることを改善しなければいけません。
多くの事業関係者が産業用の高額な金銭感覚にマヒしてしまい、住宅用の低額費用がビジネスとしてリスキーに感じているのも事実です。しかし安全性の確保をしなければいけないのはどちらも同じです。どちらかと言えば人命に直結する分、住宅用のほうが重要かも知れません。そう考えると今のPV市場は安全性より利益優先型とも言えるでしょう。もちろん事業である以上コストバランスは重要ですが、身を危険にさらしてまで行うことではありません。この課題はこれから多くの業界関係者で取り組んで行かなければいけませんが、早急な対応が求められています。

一社では広範囲エリア対応が困難な実態

O&M事業者共通の悩みとして、広範囲のエリアの対応が難しいというのがあるのではないでしょうか。お客様が最も望むサービスは「何かあった場合の緊急駆けつけ対応」なのですが、他社と協業体制をとったとしても全国エリアカバーはまだまだ厳しいのも現状です。
全国エリアカバーは難しい

全国エリアカバーは難しい

via Steven-L-Johnson via Visualhunt.com / CC BY
仮に全国対応可能な人材を確保したとしてもO&Mに必要な技術の標準化が必要です。じつはこの技術の標準化にも大きな問題があります。義務である保安管理を行う主任技術者は人員不足、直流側の保守を行う技術者は技術力不足です。技術力不足と言うと誤解があるのかも知れませんが、そもそも太陽光発電モジュールはメンテナンスフリーで市場に投入されたため、保守による取り組みが遅れています。発電所での問題はいくつも起きているのですがいまだ明確な保守管理体制ができておらず、安全な長期運用体制が構築しきれていないのです。特に構造設計部分まで対応できる業者はかなり限られており、近年ではこの構造問題がかなり注視されています。

O&Mのサポート領域には「電気面」と「構造面」の2つがあり、電気面はある程度どの業者も保守管理の体制構築を行っておりますが(完璧ではない)、構造面での問題は山積みです。ここの技術的解決や人材確保のできていないのも保守対応のこれからの課題となります。
13 件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

O&M japan編集部

関連する記事 こんな記事も人気です

O&M japan